葉酸サプリで人気のある商品とは?なぜ厚生労働省が推奨している?

◆神経管閉鎖障害のリスクを抑えてくれるといわれている

葉酸サプリは厚生労働省が摂取を推奨しています。

葉酸には胎児の神経管閉鎖障害のリスクがあると言われており、妊娠を希望する人や妊娠中の人などは積極的に葉酸を摂取した方が良いということです。

2002年からは母子手帳にも葉酸の摂取を推奨する記述が追加され、葉酸の必要性が注目されるようになりました。

葉酸は緑黄色野菜に含まれる成分ですが、食事だけで十分な量を補うことは難しいと言われています。

そこで効率よく摂取するために葉酸サプリの摂取が推奨されるようになったのです。

特に妊娠初期は通常よりも葉酸が必要とされており、不足しやすいと言われているので注意しましょう。

また、食事から摂取した葉酸の場合、半分程度しか体内に吸収されないことも分かっています。

十分に葉酸の効果を得るためには葉酸サプリを利用し、不足している葉酸を補っていくことが大切なのです。

◆細胞にある核酸やアミノ酸の合成を助けるとされている
葉酸は水溶性ビタミンであり、赤血球の生産をサポートするという働きもあります。

また、代謝に関与しており、細胞にある核酸やアミノ酸の合成を助けることも分かっています。

体の発育にも重要なビタミンであり、細胞の分裂や成熟にも関わっているということです。

そのため特に胎児にとっては重要な栄養素であると言われています。

葉酸を十分に摂取することにより、胎児の健全な発育を促すことに繋がるでしょう。

葉酸サプリで人気のある商品とは?

ママナチュレ葉酸サプリ

葉酸サプリはいろいろありますが、ママナチュレ葉酸サプリはかなり有名な商品です。

ママナチュレ葉酸サプリは妊活をサポートしてくれる葉酸サプリとして人気が高く、名前を聞いたことのある人も多いかもしれません。

このサプリにはピニトールが配合されていることが特徴です。

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、海外ではこの成分はイキイキした生活に良いとされており、カウンセリングで出されることがあるそうです。

ピニトールには食物繊維や鉄分、カルシウム、ビタミンなどが豊富に含まれており、妊活のサポートだけでなく、糖の吸収をおだやかにしたり、お酒をよく飲む人にもありがたい成分もあるそうです。

毛深い人やニキビが多い人などは健康バランスが乱れているのかもしれません。

そのような人にもピニトールの含まれたママナチュレ葉酸サプリを試してみるのがおすすめです。

ママナチュレ葉酸サプリは天然酵母がベースの合成葉酸を使っています。

そのため妊娠期に必要な1日400μgの葉酸を効率よく摂取することができます。

ママナチュレ葉酸サプリは無添加で作られており、着色料や香料などは一切使っていません。

そのため妊活中でも気兼ねなしに飲むことができるでしょう。

マカナ(makana)

マカナ(makana)は国産のマカを100%使用した葉酸サプリです。

妊活に必要な成分と配合量にこだわっており、50種類もの栄養を配合していることが特徴です。

国産マカはペルー産のマカと比べてアミノ酸の配合量がかなり多いことが特徴です。

ペルー産のマカを使っている葉酸サプリより期待できるかもしれません。

またマカサプリとしても人気のある商品です。

マカナ(makana)に含まれている国産マカは栄養バランスを整えてくれるので食生活に自信のない人でも期待できます。

妊活だけでなく、エイジングケアや美容、イキイキしたい方にとっても期待できますし、女性にも男性にも最適な葉酸サプリと言えるのです。

マカナ(makana)には国産マカだけではなく、400μgの葉酸も配合されています。

そのため普段の食生活が乱れがちな人にも最適なサプリです。

他にもポカポカ成分の金時しょうがやGABA、還元物質の多いルイボスティーなどが配合されています。

妊活に必要な成分がバランスよく配合されているため、他の葉酸サプリでは効果が出なかったという人も試してみると良いでしょう。

ベルタ葉酸

ベルタ葉酸には妊活中から摂取が推奨されている葉酸はもちろん、ビタミンや鉄分など豊富な栄養素が含まれています。

栄養士がおすすめしている高品質な成分を適切なバランスで配合しており、妊活をしっかりサポートしてくれるでしょう。

妊活中や妊娠中は赤ちゃんのことばかり気になってしまい、自身のことはあまり気を使えなくなるという人も多いです。

しかし、ベルタ葉酸ならサプリを飲むだけで妊活中や妊娠中に不足しがちな美容成分まで摂取できます。

健康だけでなく美容にも配慮してくれていることが人気の理由と言えるでしょう。

ベルタ葉酸は健康食品なので基本的に副作用はありません。

しかし、たくさん摂取すれば健康いいというわけでもありませんし、目安摂取量を飲むようにしましょう。

また、病院でカウンセリングを受けている人は、一度ドクターに相談してからベルタ葉酸を飲み始めた方が安心です。

ママニック葉酸サプリ

ママニック葉酸サプリには合成葉酸が配合されています。

合成葉酸は不安だと考えている人もいるかもしれません。

しかし、実は厚生労働省によって摂取が推奨されているのは合成葉酸の方ですし、合成葉酸の方が天然葉酸よりも吸収率に優れているというメリットがあります。

合成成分なら摂取した成分のほとんどが体内に吸収されるため、食事だけで足りない分をしっかり補うことができます。

どんなに素晴らしいサプリでも品質に不安があったら安心して飲むことはできません。

しかし、ママニック葉酸サプリは認定された工場で製造されているため、妊活中でも気兼ねなしに飲むことができるでしょう。

ママニック葉酸サプリは葉酸だけでなく、さまざまな野菜を原材料に使っていることも特徴です。

使われている野菜は全て国産であることもポイントです。そのため栄養バランスを整えて健康体に近づくことができるでしょう。

美的ヌーボプレミアム

美的ヌーボは天然由来の葉酸サプリであり、雑誌などのメディアでも取り上げられています。

芸能人なども飲んでいるということで興味を持っている人も多いでしょう。

美的ヌーボには妊活に欠かせない葉酸がしっかり入っていることはもちろん、ビタミンやミネラルといった栄養素も豊富に含まれています。

そのため妊娠を希望する女性だけでなく、妊娠中の女性と赤ちゃんの健康までサポートしてくれるのです。

女性は高齢になるほど妊娠しにくくなってしまいます。

美的ヌーボは必要な成分がたっぷり入っているため、結果を残したいと思っている女性にもおすすめです。

食事に近い感覚で栄養を摂取できることが特徴であり、毎日続けることで体のリズムを整えてくれるのです。

妊活と聞くと女性が行うものというイメージがあるかもしれません。

しかし、実際の原因は女性だけにあるというわけではなく、男性にも原因があることが多いのです。

女性だけが妊活を頑張っていると女性の負担が大きくなってしまいますし、葉酸サプリを飲んでいてもなかなか授からないこともあるでしょう。

美的ヌーボは夫婦で飲める葉酸サプリであり、男性と女性が協力することでより高い健康サポートに繋がります。

また、男性側に直接的な原因がなくても、日常的にビタミンやミネラルといった栄養素が不足しやすくなります。

それらが良くない原因になってしまうこともあるため、栄養バランスを整えることは重要です。

葉酸サプリの取りすぎも良くない?

◆葉酸の取りすぎると葉酸過敏症になるといわれる
妊活中は葉酸をしっかり摂取する必要があります。

しかし、たくさん摂取すれば良いというわけではなく、目安量を大きく超えて葉酸を摂取した場合、葉酸過敏症になってしまうこともあります。

葉酸の上限量は1000μgと決められているため、サプリを利用する場合は含まれている葉酸の量をチェックし、上限量を超えないように注意しましょう。

葉酸過敏症の症状としては吐き気やむくみ、不眠、発熱といったものが挙げられます。

比較的軽い症状が多いですが、場合によっては重い症状を引き起こすこともあるので注意が必要です。

また、葉酸を摂り過ぎるとビタミンB12の欠乏症の診断が遅れたり、胎児に影響が出てしまうこともあります。

胎児に喘息やアレルギーが起こりやすくなるという報告もあるため、葉酸の過剰摂取には注意しましょう。

◆エレビットは葉酸量が多いので注意が必要?
エレビットという葉酸サプリには1日当たり800μgの葉酸が含まれています。

国内で販売されている葉酸サプリの中では最も葉酸の配合量が多いと言えるでしょう。

市販の葉酸サプリには1日当たり400μgの葉酸が含まれています。

エレビットの配合量はその2倍となっており、葉酸が多すぎるのではないかと心配している人もいるかもしれません。

厚生労働省の推奨する葉酸摂取量は妊娠初期の女性で1日400μg以内、中期や後期で240μg以内となっています

エレビットに含まれる葉酸の量は明らかに多くなっています。

しかし、葉酸の上限量は1日あたり1000μgであり、その上限量を超えているわけではありません。

葉酸を800μg配合することにより、体内の葉酸濃度を早くアップさせることができますし、水溶性ビタミンなので多く摂取しても問題はないということです。

まとめ:葉酸は食事から極力摂取し、サプリは補助として扱う

葉酸を摂取したいならサプリを利用するのが便利です。

サプリは簡単に摂取することができますが、多く飲めばいいというわけではありません。

葉酸は通常の食事から極力摂取し、サプリは栄養補助として扱いましょう。